0

ダンナがムカつく

Posted by pj on 2015年8月29日 in 未分類 |

私の母がくれた子供へのお祝い金に、ダンナが勝手に手を付けてた。

何か羽振りが良いと思ったんだよね。

何でこんな人と結婚しちゃったんだろうって本気で思います。

何に使ったのかと聞くと、いつも通りのパチンコでした。

もう本当にガッカリ。

私も手に職を付けて、早く離婚したい。

母だって、夫婦二人の年金生活の中から出してくれたお金なのに、どうしてそういう背景を想像出来ないんだろう、ダンナ。

前も、弟が買ってくれた洋服をどうせ着ないからって勝手にリサイクルショップに売りに行ったのを思い出してしまい、余計にモヤモヤしています。

0

県外の親戚からの連絡

Posted by pj on 2015年8月20日 in 未分類 |

県外の親戚から急に連絡がありました。

今週末に遊びに来るとのことでした。

二年ぶりなので、とても嬉しいのですが、小学生の女の子が2人来ますし、何かお土産を用意しようと思い、買いに行きました。

小学生の女の子なので、かわいい文房具にしました。

気に入ってくれるといいなぁ。レイクの審査を受けてみよう!

それから、おもてなしの地場のお菓子なども買いました。

結構な出費になってしまいました。予算オーバー。

急な出費&予算オーバーにがっくし。

いや、嬉しいことに使うお金なのでよしとしよう!

 

0

野菜が高い!野菜を買うのが大変!

Posted by pj on 2015年8月13日 in 未分類 |

連日の猛暑。野菜が高騰しています。野菜売り場で品定めをしていると、多分、私の顔は険しくなっているはず。値段を見ると、思わず引きつってしまいます。

旬の野菜、キュウリは2本で130円!たった2本でです。冷やし中華も簡単に作れないではありませんか。それよりも高いのが、人参。4本で180円。それも、寸足らずの見切り品での話です。まともな美品だったら、どれくらいするのか?さらに高くて、ついに購入断念をしたのが、キャベツ。

今、比較的安いのは、ゴーヤとナスです。ゴーヤは2本で140円。キュウリよりもいろいろな料理に使えるので、まずまず我慢できる価格です。ナスは3本で180円。

品薄状態でもあるようです。夏場は、どうしても野菜が少なくなります。家庭菜園をしたものの、以前、猿に根こそぎ持って行かれて、どっと疲れて、以来、作るのをやめてしまいました。せっかくの収穫が猿のためだったと思うと、情けないやら、悔しいやら。去年の話です。以来、家庭菜園をやめて、一層野菜の値段に神経質になりました。みずほ銀行カードローン 増額

消費税が上がってから、生活が苦しくなりました。消費税を上げる前に、食料品だけは、絶対に5%に戻してほしいと思います。そのことをしっかり議論してくれる政党があったら、必ずその党に投票すると思います。でも、どの政党も、今は安保のことばかり。しかも、採決の時に欠席するというのが、理解できません。出席して反対票を投じれば良いのに。

議員たちも、多くは地方出身者のはずです。でも、地方が疲弊しているということを実感している人は、どのくらいいるのでしょう?生活感が無い人が多い気がします。庶民出の人が多いはずなのに。一旦「先生」になると、生活の苦労は忘れるのでしょうね。

1円でも安い物をと、探し回り、見切り品に飛びつく庶民の生活をもっと知って、政治に反映してほしいです。TPP交渉もまとまらないし、新国立競技場では、とんでもない額の無駄遣いをしているし。何をしているのだか!と腹が立つことが多いです。

0

珍しく朝早く起きてみました。

Posted by pj on 2015年8月8日 in 未分類 |

早起きは三文の得と言います。

三文がどのくらいかは分からないのですが、朝は早く起きた方がやはり良いと思います。

私の場合、朝早く起きた日は、なぜか頭がさえて、朝から頭の回転が速いです。

いつも、8時ごろ起きてぎりぎりに会社へ行くのですが、

6時くらいに起きて出社した日は、朝からバリバリ仕事が進みます。

しかし、一つだけ要注意点があります。

朝早起きすると、夜は早く眠くなります。

なので夕食を食べて、入浴するとすぐ、眠ってしまいます。

こんな生活が、健康的と言えば一番健康的かもしれません。

0

「オレの自主ベン」で気付いた、1食のお値段

Posted by pj on 2015年8月1日 in 未分類 |

テレビの料理番組を観ていた長男。

「オレの自主ベンは、コレにする!」と高らかに宣言しました。

自主ベンとは、自主勉強の略。

「週末に宿題以外の勉強を率先して行う」という目標を掲げる先生の下で指導を受けているので、色々と考えて取り組んでいるようです。

料理番組では、1品のおかずがいくらで作れたかと表示してあったので、それを実践したくなった模様。

彼は今年から家庭科の授業が始まったので、タイミングも良かったのでしょう。

日曜日のお昼ご飯をお願いすることにしました。

彼が選んだおかずは、家庭科の教科書に載っていた「ジャーマンポテト」です。

ごはんに合うのか心配でしたが、家庭菜園で収穫したじゃがいもが山ほどあったので、この案を採用することに。

ベーコンがなかったので、豚肉の細切れで代用。

粉チーズを仕上げにかけると書いてありましたが、これはブロックのプロセスチーズを下ろして「なんちゃって粉チーズ」にすることで間に合わせました。

因みに我が家は5人家族です。

豚こまは200gほど使ったので、180円。

ジャガイモは大きいサイズを4個。

畑から掘り出したので、0円換算です。

玉ねぎ1個、70円。

チーズ、50円。

塩・胡椒、10円。

〆て、260円。

メニューは、このジャーマンポテトともう一品と焼いた厚焼き玉子、ご飯、味噌汁、作り置きのきんぴらごぼうです。

ご飯と味噌汁は、朝の残りで間に合わせ。

なんだか地味な休日ランチですが、なにせ長男が作った食事ですから、楽しく盛り上がりました。

お味もしっかりと塩・胡椒が効いていて、ご飯のおかずとしてもバッチリです。

大人は黒胡椒をプラスしましたが、ビールのつまみにもなりそうな美味しさ!

残りご飯と味噌汁、きんぴらごぼうのお値段は不明ですが、ジャーマンポテトが5人前で260円。

玉子焼きは4個の卵を使用したので、100円。

360円÷5人=72円です。

ご飯や味噌汁を高く見積もっても、一人200円もあればおつりがきそうですね。

いや~、自炊は安いと思っていましたが、これほどとは思いませんでした。

長男の粋な取り組みで、お腹も心も満たされました。

「オレ、また自主ベンはこれにしよう」と張り切っております。

いやいや、たまには算数や漢字をやってくれると母が喜びますよ。

あなたの為になるとも思うんですけどね。

0

働け、働けと…

Posted by pj on 2015年7月23日 in 未分類 |

ずっと賃貸派だった我が家。

でも、高い家賃を払い続けても自分の物にならないこと。

子供達が大きくなってきて学費や習い事にお金がかかるようになって、今のままの家賃を払うのが苦しいこと。

そんな事から家を買うことにしました。

子供達の学区を変えたくなかったので学区内で探しましたが、建売は見つからず。

色々探していたところ土地が見つかり、計らずも土地を購入して注文住宅を建てることになりました。年収の3分の1以上 お金 借りる

注文住宅は高いイメージがあり、身分不相応なのですが…仕方がありません。

私は専業主婦なので、主人がローンを組んで買う事になりました。

頭金は、なるべく多く払う方がいい。でも、あまりに払いすぎると今後の生活が立ち行かなくなる…と散々悩んで、夫婦で相談した結果、私が働いていた頃の貯金を崩して頭金に回すことになりました。

とは言っても、主人にいくら貯金があるかは伝えていないし、もしもの時に困らないくらいは残しておきたいしと思って、駆け引きをして、妥協点を見つけて、泣く泣く貯金を崩してきました。

専業主婦の私が、もしもパートに出たら少なく見繕っても3~4年働かないともらえない金額です。

でも、家族のためだし仕方がないと思って、主人に渡しました。

新居での暮らしが始まり、今度は主人の「働け、働け」攻撃がが始まりました。

一番下の子が小さいので、まだ家に居たいし、子供自身ものぞんでくれているのですが、かなりしつこく言われています。

日曜日に新聞の求人広告を見たり、インターネットで探したりしているのですが、なかなか見つからないので、その「働け、働け」攻撃が結構な負担になっています。

探していない訳ではないのにね。

最近では、「この家にも、いつまでも住めるかな~」などと脅し??と思うような事も言ってきます。

主人の事は嫌いじゃないし、彼自身もお金がなくてギリギリの生活で悩んでいるのかも知れないけれど、結構険悪な雰囲気です。

家を建てた(建ててもらった)ことに後悔はないけれど、切り詰めても切り詰めても全然ラクにならない生活に嫌気がさしているのは事実です。

0

おまとめローンとした後に、更に借り換える

Posted by pj on 2015年7月18日 in 未分類 |

消費者金融系カードローンというと、「昔のサラ金?」というイメージがある方も多いと思います。「消費者金融系」という名前・分類に起因してると思います。確かに消費者金融系を代表するような、アコム・アイフル・プロミスといった古くからある会社には、特に中高年の方からは、「サラ金」のイメージが拭えないかもしれません。

しかし、時代は変わりました。利息などの面でも、法の規制が入り、法外な利息を取るような会社は表だってはありません。きちんと法定内の利息で、契約を結んでいます。所謂大手の消費者金系の会社に、昔の「サラ金」の雰囲気は感じられません。

また、法定内の金利で抑えているばかりではありません。インターネットが普及した現代に於いて、借入限度額、利息、毎月の返済額等、自由に閲覧し、顧客が判断・選択する幅が出て来ていますので、ローン会社間の競争も激化しています。

低い利息を売りにする会社、大きな限度額を売りにする会社、毎月の返済額を低く抑える会社など多種多様です。どれを選ぶかは、人其々です。出来れば毎月の返済は低く抑えたいと思う人もいれば、毎月の返済は多少大きくなっても、大きな限度額のカードを得たいと思う人もいます。

但し、消費者金融系のカードローンには、年収の1/3以下までしか貸し出してはならないという「総量規制」という法律が絡んできます。限度額300万円までOKなら、今借りている色々なカードをまとめられるのにと思っても、年収600万円の人でも、200万円の限度額でしか契約出来ないのです。他にキャッシングを利用しているカードがあったならば、それらを差し引いた額が、限度額になってしまいます。

その上で考えるのが、所謂銀行系カードローンです。○○銀行の名が入っていると、総量規制対象外の可能性が高いです。総量規制対象外のカードローンの場合、収入、勤続年数、他社からの借入状況など調査、審査の結果ではありますが、大きな限度額を得られることもあります。

急な出費に備え、高限度額・低金利の銀行系カードローンへも一度契約申し込み、チャレンジしておくのも良いと思います。

0

クレジットカードとして使えるアコム

Posted by pj on 2015年7月10日 in 未分類 |

アコムを利用しようと思ったのはキャッシングしたいというよりは、早急に作れるクレジットカードを探したためでした。世の中の一般的なクレジットカードは作成の申し込みから審査を通して一週間から二週間はかかるものです。その日のうちに欲しいと思った時には使える選択肢は限られており、その一つがアコムでした。

アコムはキャッシング会社として有名です。コマーシャルなどでその名前を知っている方も多いでしょうが、そのローン契約の際に作られるローンカードにクレジットカード機能をつけられるのです。ただし通常のクレジットカードと違って、作成したカードはリボ払いでしか使えないことに注意が必要です。通常のキャッシングと同じように口座引き落としへ返済していくのですが、一定の金額ずつでしか返済ができません。もちろん自分の意思で繰り上げ返済するという手段もありますが、基本的にはキャッシングと同じ扱いとなるのです。とはいえ申し込み当日に手に入れられるのは魅力です。

ローンカード兼クレジットカードを入手するには、直接無人契約機などで契約するのが便利です。そうすれば無人契約コーナーにいるうちな審査も全て済ませてカードをその日のうちに手にできるのです。

アコム自身も消費者金融としては安定している部類に入り、返済も指定した口座からの引き落とし以外にコンビニATMなど使って繰り上げてやっていけますので、使い勝手の面でいってもさほど心配することはありません。

0

お小遣いでは足りない書籍代

Posted by pj on 2015年7月1日 in 未分類 |

大学の偉い教授に本は借りずに買うよう言われ感銘を受けてから15年。読みたい本が私の読書力のキャパを超え、もはや読書より蔵書が趣味。今は専業主婦の身分でありながらも、月に30冊程本やら雑誌、子どもの絵本を購入してしまいます。もちろん1冊108円~300円の古本が中心ですが、新品の美術書なんかは1冊3000円近くします。多分毎月3万円は使ってるはず…お小遣いは5000円なのにね。見て見ぬ振りをしている夫には申し訳ないと思いつつ、将来はリビングに立派なホームライブラリーが完成することを夢見る今日この頃…今夜も夕飯のおかずは納豆だけ…ごめんなさい。実質年率で比べたいならこちらをチェック!

0

季節の食べ物で節約を図ります。

Posted by pj on 2015年6月24日 in 未分類 |

買い物している時に、デザートを買うことが多いのですが、必ず旬で安いモノを買うようにしましょう。
季節のモノを買うと、確実に良いモノを買うことが出来ます。
春ならイチゴ、夏ならチェリー、秋なら柿、冬ならミカンなど、その時に一番美味しくて安い商品を食べることが、節約の第一歩になります。無利息カードローンを有効に使おう!
季節の食べ物を食べることで、季節を感じることにもなるのです。
普通の生活をしていても、季節を感じることをやめないで欲しいですね。

Copyright © 2015 主婦でもお金を借りることが出来るんですよ All rights reserved.
This site is using the MultiBusiness Child-Theme, v3.1.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.4, from BuyNowShop.com